医者

更年期障害は根本から治す【薬も使って元気ボディづくり】

必要不可欠な存在である

悩み

急に体調が悪くなることがありますがその場合にはとても焦ってしまいます。しかし今では予約不要で診てくれる内科が全国に沢山あるので、体調が悪くなったら直ぐにそこで診てもらうことができます。新宿にも多くの内科があり優秀な医師が揃っていてあまり待つことなく診てくれるところが沢山あります。

Read More...

便の検査が必要な理由

病棟

検便検査は感染性の胃腸炎の原因になっている腸管出血性大腸菌やノロウイルスなどの検出あるいは寄生虫感染の診断に用いられます。また検便検査での潜血反応は、大腸がんのスクリーニング検査として広くおこなわれています。

Read More...

健康な人生を送りましょう

女性

胸腺腫瘍とは、胸腺腫と胸腺がんのことを指しています。悪性の胸腺がんになると、手術が必要になってきます。早めに気付き治療することで、症状が軽く済むことが多いです。放射線治療、抗がん剤、ホルモン療法、NK療法などから、自分に合った方法を選びましょう。医師に相談して、根気強く治療していきましょう。

Read More...

効果的な根治療法

看護師

根治療法が必要です

更年期障害は、いろいろな症状が発生する疾患であるために、治療も多岐にわたることが多いです。例えば腰痛は、整形外科や麻酔科が担当することが多い症状になります。しかし腰痛は、更年期障害がもとになって、発生することもある症状なのです。あるいは、うつ病は心の病気であるために、心療内科が担当することが一般的に行われています。この心の病気であるうつ病が、更年期障害がもとになって、発生することがあるのです。こうした更年期障害がもとになっている症状を、各々の科が担当することは、間違いではありません。しかし、それらは対症療法としての位置付けになりますので、根治療法を目指すことが本来は必要です。したがって、更年期障害の根治療法が積極的に行われると、予測されているのです。

効果的な治療法です

そうした更年期障害の根治療法を行う方法として、期待が高まっているのが、医療機関で処方される漢方薬を用いた治療です。漢方薬は、東洋医学的な治療法で、江戸時代以前は医療の中心的な存在でした。しかし、明治になって西洋医学が本格的に導入されまして、状況が変化しました。なかでも、外科医療が積極的に行われるようになったのです。すると、それまで重視されてきた漢方薬が、以前ほど利用されなくなりました。漢方薬は、人間の身体全体のバランスを、整えることを重視した治療法になります。更年期障害も、身体のホルモンバランスが、変化して起こった症状です。すなわち、更年期障害に対して漢方薬は、効果を発揮し易い特性があるのです。したがって、更年期障害に漢方薬は、効果的な治療法になります。